PROFILE



一木裕樹
(作編曲・バイオリン・ギター)


4歳よりヴァイオリンを始め、武蔵野音楽大学を卒業。
大学在学中、クラシックはもとよりロック、フォーク、ジプシー音楽などあらゆる音楽を
室内楽にて演奏。枠にとらわれない幅広い活動を行う。

大学卒業後より作曲を始め、2000年1月よりサウンドクリエイターとして
株式会社フロム・ソフトウェアに在籍、数々のゲームソフト開発に関わる。

同社タイトル『O.TO.GI』で英「Edge」誌の主催するEdgeAwardサウンド部門を受賞
『O.TO.GI百鬼討伐絵巻』では文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門での優秀賞に、
『叢-Mrakumo-』では同デジタルアート[インタラクティブ]部門で審査委員会推薦作品に
選出されるなど、担当タイトルの各受賞多数。

2008年より、フリーの作曲家・ヴァイオリニストとして活動開始。
サウンドユニットBJSを起ち上げる。
Qエンタテイメント社のサウンドディレクション等、精力的に活動を続けている。

ヴァイオリンを越沢秀之、萩原耕介、山口元男の各師に師事。

バンド「FLAKES」でギターボーカルとしても活動中。

南亜矢子
(作編曲・効果音制作・ピアノ)


幼少よりクラシックピアノを習い5歳から作曲を始める。
HAL名古屋校ミュージック学科四年制課程を卒業後、サウンドクリエイターとして株式会社フロム・
ソフトウェアに新卒入社。

プレイステーション3、 XBOX360等、主に次世代機用ゲームソフトBGM・効果音制作に携わる。
携帯電話向けアプリケーションの音制作、サウンドトラックCD制作、プロモーションビデオの音付け
音声収録、音声加工等、音に関する制作を全てこなす。

メロディーメーカーであり、オーケストラの編曲を得意としていたが、2008年に作ったトランスが
好評につき、そのジャンルでも活躍中。アニソンや萌え系も得意。

2008年同退社後、ユニットBJSに参加。フリーの作曲家として活動中。
以前より社長と親しかった株式会社ノイジークロークの契約作家としても活動をしている。
バンド「節電ソケット2/3」「FLAKES」のキーボーディストとしても活動中。